大工とは建築において主に木工を担当する職人で、古くは工事に関わる職人の長として全体を取り仕切っていました。またその大工の親方を棟梁といい、設計、見積り、現場での作業、監督まですべての役割をこなす能力を兼ね備えていました。

昔と違い建築の世界では様々な資格ができ分業制となっていますが、木造建築において最も長く現場にいるのは大工であり、建物の良し悪しを左右する大事な役割を担っていることに変わりありません。

そして昨今、建築に無くてはならないこの大工が急激に足りなくなると言われています。

実はすでに建築職人が全般的に不足しているのですが、大工は平均年齢が50代後半とも言われ、また育成に時間がかかる職種のため状況が特に深刻です。

当社には幅広い年代の大工が15名いますが、今後さらに採用と教育に力を入れ、永く世の中のニーズに応えていけるよう努力していきたいと考えています。

 

CONTUCT                                                   

TEL:055-232-3100

e-mail:inquiry@marumasa-w.com

ADRESS:山梨県甲府市青葉町10-13

© 2015 by Marumasa Watanabe Komusyo Co.,Ltd

工務店|住宅|店舗|新築|リフォーム|大工